応答追跡プロットの設定を指定する

統計 > 実験計画法(DOE) > 混合 > 応答追跡プロット > 設定

計画にプロセス変数や量変数が含まれる場合、これらの変数はプロット上には表示されないので固定水準で保つ必要があります。

プロセス変数の水準は、低、中、高の設定値に固定することができます。また、個別に水準を設定することも可能です。プロセス変数の固定値はコード化単位で表す必要があります。

詳細は、コード化単位と非コード化単位の違いを参照してください。

混合計画にテキストのプロセス変数がある場合、固定値はテキスト水準のいずれかでなければなりません。

プロセス変数の固定
低い設定
プロセス変数を最小に設定するために選択します。
中間の設定
すべてのプロセス変数を中間に設定するために選択します。
高い設定
プロセス変数を最大に設定するために選択します。
プロセス変数
計画にあるすべてのプロセス変数を表示します。この列に対して入力を行うことはできません。
名前
計画にあるすべてのプロセス変数を表示します。この列に対して入力を行うことはできません。
設定
値を入力して、各プロセス変数を固定します。
混合量の固定
混合量を固定する数を選択します。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください