カスタム混合計画を定義の各成分の下限と上限を指定する

統計 > 実験計画法(DOE) > 混合 > カスタム混合計画を定義 > 下限/上限
混合量と成分の限界値に関する情報を指定するのに使用します。極頂点計画では、線形制約も指定できます。詳細は混合計画で上限と下限が必要になる場合混合計画における線形制約と成分限界の違いを参照してください。
下限/上限に一致する合計値
混合-量実験の場合、量データ列で最小の値が入力されます。他の値を使用するときは、量データ列の中にある別の合計に変更します。
成分の下限および上限
成分
成分の文字記号を表示します。この列に対して入力を行うことはできません。
名前
成分名を表示します。この列に対して入力を行うことはできません。
下限
各成分の下限制約の値を入力します。デフォルトでは各成分に対してワークシート内の列で最小の値が使用されます。
上限
各成分の上限制約の値を入力します。デフォルトでは各成分に対してワークシート内の列で最大の値が使用されます。
ワークシートに計画パラメータ (合計、限界値、制約) を保存する
計画パラメータ(合計、成分の上限と下限、および線形制約)を個別のワークシート列に保存する場合に選択します。

極頂点計画の線形制約を指定するには、線形制約をクリックします。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください