変動性分析の応答の前処理の概要

変動性分析の応答の前処理を使用して、繰り返しまたは反復の応答の標準偏差を計算、保存します。その後、変動性の分析を使用して因子設定間の標準偏差の差を検出することができます。この分析により、変動性のより小さい結果を生み出す因子設定の識別ができます。変動性分析の応答の前処理を使用する前に、2水準要因計画の作成または2水準要因計画の定義を行い、ワークシートに応答データを入力する必要があります。

また、変動性分析の応答の前処理を使用して次の処理を実行できます。
  • 繰り返し測定値の平均値を計算、保存して、要因計画の分析で分析します。
  • Minitabにすでに保存している標準偏差やサンプルサイズを定義して、変動性の分析を使用する。

変動性分析の応答の前処理が保存する標準偏差を応答変数として使用し、等高線プロット応答の最適化機能などの他の実験計画ツールのグラフを分析することができます。データの分析に関する詳細は、位置効果と散布効果の分析を参照してください。

たとえば、ある技師は、時間、反応温度、触媒の種類が生産率の変動性にどのように影響するかを分析しようと考えています。技師は、反復数4回の2水準要因計画を作成しました。データを収集した後、技師は変動性分析の応答の前処理を使用して各因子水準の組み合わせにおける反復の標準偏差を計算し、保存します。その後、変動性の分析を使用して、どの因子設定でより一貫した生産高が得られるかを特定します。

この分析の場所

統計 > 実験計画法(DOE) > 要因計画 > 変動性分析の応答を前処理

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください