計画を表示計画を修正の概要

計画を作成しワークシートに保存すると、計画を表示計画を修正を使用できるようになります。

計画を表示

ワークシートでの計画の表示方法を変更するには、計画を表示を使用します。
  • 点は実行順序または標準順序のどちらかで表示させることができます。デフォルトでは、実験はランダム順序で表示されます。標準順序(イェイツ順序)ででは、実行が因子設定の変化の順で並べられます。
  • 因子水準は、コード化単位または非コード化単位で表示できます。

計画を修正

計画を修正を使用して、計画がMinitabによって分析できるフォーマットから外れないことを確認しながら、ワークシートの計画を変更します。

要因計画には次のような修正を加えることができます。
  • 因子を修正:因子名や因子水準の値を変更します。
  • 計画を反復:計画の反復を追加します。
  • 計画のランダム化:計画をランダム化、または再ランダム化します。
  • 計画の順序変更:実行順序の列がワークシートの列と一致するように計画に番号を振りなおします。
  • 折り重ね:計画の分解能を上げるために計画を折り重ねます。

    一般完全実施要因計画は折り重ねられません。

  • 軸点を追加:計画に軸点を追加し、応答の曲面性をモデル化します。

    2水準分割実験計画や一般完全実施要因計画には軸点は追加できません。2水準要因計画とプラケットーバーマン計画に軸点を追加するためには、計画に含まれるすべての因子が数値因子である必要があります。

決定的スクリーニング計画、応答曲面計画、または混合計画の修正は似ていますが、計画の折り重ねや軸点の追加は行われません。

この分析の場所

  • 統計 > 実験計画法(DOE) > 計画を表示
  • 統計 > 実験計画法(DOE) > 計画を修正

他の分析を使用する場合

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください