カスタム一般完全実施要因計画を定義のデータに関する考慮事項

計画を定義する際は、次のガイドラインを考慮してください。

計画のサイズが適切である
サンプルサイズと検出力は、実質的に重要な効果のサイズに対して好ましいものでなければなりません。計画を評価するには、統計 > 検出力とサンプルサイズ > 一般完全実施要因計画を使用します。
計画には2~15の因子が含まれる
因子が1つの場合は、計画を定義せずにが使用できます。一元配置分散分析
実行順序はデータ収集のためランダム化されている
ワークシートに実行順序が含まれる列がある場合は、計画を定義する際にその列を指定することができます。そうでない場合は計画を定義した後に統計 > 実験計画法(DOE) > 計画を修正で計画をランダム化することができます。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください