カスタム分割実験計画を定義

統計 > 実験計画法(DOE) > 要因計画 > カスタム実施要因計画の定義

計画において因子となる列を指定するには、次の手順を実行します。

  1. 因子に、各実験の実行の因子設定を含む列を入力します。
  2. 2水準分割実験(変更が難しい因子)を選択します。
  3. 上の因子のうち変更が難しいものに、プロット全体を通して変更しない因子を入力します。
  4. 下限/上限をクリックします。 Minitabでは、因子の低水準と高水準が確認されるまで計画は定義されません。

このワークシートでは、しみは同じプロット全体内で変化する、変更が簡単な因子です。前処理は、プロット全体を通して変わらない、変更が難しい因子です。

このワークシートでは、プロット全体は前処理の水準で構成されています。前処理が変わると、新しいプロット全体が開始されます。プロット全体を特定する列がない場合は、計画をクリックするときにすべてのプロット全体に対して単独のサイズを指定する必要があります。

標準順序実験順序ブロック計画点タイプの列には、情報がワークシートに入っている場合に指定できる追加情報が入っています。

C1 C2 C3 C4 C5 C6 C7
しみ 前処理 プロット全体 標準順序 実験順序 ブロック 計画点タイプ(T)
A A 1 7 1 2 1
B A 1 8 2 2 1
A B 2 4 3 2 1
B B 2 3 4 2 1
A A 3 9 5 2 1
B A 3 10 6 2 1
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください