プラケットーバーマン計画を作成の主要な結果を解釈する

計画の要約を使用し、主要な計画のプロパティを調べます。計画のほとんどのプロパティは、計画作成時に基本計画で選んだものと一致します。計画に次のうちのいずれかの要素が含まれている場合、実行数は基本計画の実行数と異なります。
  • 反復: 反復毎に、基本計画の頂点および中心点と同じ数の実行が追加されます。
  • 中心点:各中心点毎に、基本計画の実行数に1が追加されます。
  • テキスト因子と中心点:2水準計画内のテキスト因子の各水準における中心点が追加されます。よって、テキスト水準毎に計画内の中心点の数が2倍になります。

Plackett-Burman計画

計画の概要 因子: 9 反復: 1 ベース実行組: 12 実行総数: 12 ベースブロック: 1 ブロック総数: 1
主要なアウトプット:計画の要約

この結果では、計画のすべての特性は計画の作成時に選択したものと同じになります。

Plackett-Burman計画

計画の概要 因子: 9 反復: 2 ベース実行組: 16 実行総数: 32 ベースブロック: 1 ブロック総数: 1
中心点: 8 * 注 * 指定された中心点の数は各カテゴリ因子の2倍になります。Qカテゴリ (分類) 因 子の場合、結果は中心点の2^Q倍です。

この結果では、各反復に中心点を2つ持つ反復が2回と、テキスト因子が1つある計画が示されています。ベース実行数はプラケットーバーマンの実行が12回と中心点が含まれています。この計画には各反復に2つの中心点が含まれ、テキスト因子もあるため、計画には各反復につき4つの中心点があることになります。よって、基本計画の実行数は16になります。2回の反復で、実行総数は32になります。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください