2水準要因計画(既定のジェネレータ)を作成の因子を指定する

統計 > 実験計画法(DOE) > 要因計画 > 要因計画の作成 > 因子

次の手順を実行して、計画に含まれる因子の詳細を設定します。

  1. 名前で、因子ごとの記述名を入力します。デフォルトでは、因子にアルファベットの名前(Iを除く)が付けられます。
  2. 各因子に対して、その因子がテキスト値か数値かを指定します。 計画に中心点が含まれ、テキスト因子と数値因子の組み合わせを入力すると、テキスト因子の各水準の中心点と、数値因子の中間水準が足されます。詳細はMinitabによる2水準要因計画への中心点の追加方法を参照してください。
  3. 各因子の高水準と低水準を入力します。たとえば、技師は2つの異なる温度を検定して、最低水準に150、最高水準に250を入力します。デフォルトでは、すべての因子の低水準が-1、高水準が+1としてコード化単位で設定されます。テキスト因子の水準が自然順序でない場合は低、高の設定はどちらでもかまいません。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください