変動性の分析における適合値と残差の方法と計算式

適合値

表記

用語説明
Ln(適合値)
xk k番目の項で、各項は1つの予測変数、または交互作用項になりえます。
bk k番目の回帰係数の推定値

比の残差

観測された応答標準偏差の適合標準偏差に対する比。

表記

用語説明
s標準偏差
適合標準偏差

対数残差

観測された応答標準偏差の自然対数と適合標準偏差の自然対数との差です。比の残差の対数です。

表記

用語説明
s標準偏差
適合標準偏差

標準化対数残差

対数残差をその漸近の標準誤差で割ったもの。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください