変動性の分析の回帰式表

回帰式表のすべての統計量の定義と解釈について解説します。

コード化単位の回帰式

出力は、モデルが非階層型の場合は回帰式がコード化単位であることを示しています。階層の詳細については、階層モデルとはを参照してください。

解釈

回帰式を使用して、モデルにおける応答と項の関係を表します。回帰式は回帰線の代数で表現されます。2つ以上の項を持つ回帰式は、次の形式を取ります。

y = b0 + b1X1 + b2X2 + ... + bkXk

回帰式では、各文字は以下を表します。
  • yは応答変数
  • b0は定数です
  • b1, b2, ..., bkは係数です
  • X1, X2, ..., Xkは項の値です

コード化単位の回帰式においては、因子の低水準は-1で、高水準は+1です。共変量の単位は、因子がコード化されていたとしても常にデータの単位になります。中心点の項においては、連続因子がすべてその中点にある場合は変数は1で、そうでなければ0になります。式はブロックで平均されるため、ブロックの係数は式には含まれません。

非コード化単位の回帰式

出力は、モデルが階層型の場合は回帰式が非コード化単位であることを示しています。階層の詳細については、階層モデルとはを参照してください。

解釈

回帰式を使用して、モデルにおける応答と項の関係を表します。回帰式は回帰モデルの代数で表現されます。2つ以上の項を持つ回帰式は、次の形式を取ります。

y = b0 + b1X1 + b2X2 + ... + bkXk

回帰式では、各文字は以下を表します。
  • yは応答変数
  • b0は定数です
  • b1, b2, ..., bkは係数です
  • X1, X2, ..., Xkは項の値です

非コード化単位の回帰式では、各変数の自然単位を使って係数を解釈してください。カテゴリ変数においては、変数の自然単位は、変数がコード化されているのと同じように、低水準は-1、高水準は+1になります。コード化係数は係数表で調べることができます。中心点の項においては、連続因子がすべてその中点にある場合は変数は1で、そうでなければ0になります。式はブロックで平均されるため、ブロックの係数は式には含まれません。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください