変動性の分析の概要

繰り返し応答測定値または反復応答測定値の標準偏差を分析して、変動性のより小さい結果を生み出す因子設定を識別するには、変動性の分析を使用します。

データの変動性を分析する前に、2水準要因計画を作成または定義する必要があります。これらの計画には繰り返し測定値または反復測定値が含まれていなければなりません。変動性分析の応答の前処理を使用して標準偏差を計算、保存します。

また、変動性の分析を使用して、応答の位置効果を要因計画の分析で調べるときのために、重みを保存しておくこともできます。詳細は、位置効果と散布効果の分析を参照してください。

たとえば、ある技師は、時間、反応温度、触媒の種類が生産率の変動性にどのように影響するかを分析しようと考えています。技師は、反復数4回の2水準要因計画を作成しました。技師は変動性の分析を使用して、どの因子設定でより一貫した生産高が得られるかを特定します。

計画の分析後、以下の操作ができるよう、Minitabはモデルを保存します。
  • 異なる因子設定での応答を予測。
  • 因子と応答間の関係をプロット。
  • 1つ以上の応答を最適化する設定値を特定。

この分析の場所

統計 > 実験計画法(DOE) > 要因計画 > 変動性の分析

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください