要因計画の分析で表示する結果を選択する

統計 > 実験計画法(DOE) > 要因計画 > 要因計画の分析 > 結果
結果のオプションを指定する
結果の表示
  • 単体表:全表の簡易版を表示します。
  • 拡張表:分散分析、係数、モデルの要約、適合値と診断の表の拡大版を表示します。
方法
デフォルト以外の設定内容を要約した表を表示します。
分散分析
要因とp値ごとの平方和を含む分散分析表を表示します。
モデル要約
R2を含むモデルの適合性を評価する統計量を表示します。
係数
係数、効果、p値を表示します。ドロップダウンリストから表に含める項の係数の数を制御できます。
  • デフォルト係数:因子のすべての一次独立係数を表示します。
  • 係数のフルセット:因子のすべての水準(最終、一次従属、水準など)について係数を表示します。
回帰式
回帰式を表示します。
交絡構造
別名表を表示します。
  • デフォルトの交互作用を表示:2~6因子を持つ計画のすべての交互作用、7~10因子を持つ計画の3元交互作用まで、11因子以上を持つ計画の二元交互作用までを表示します。
  • 交互作用の次数の指定を表示:別名表に表示する最高次の交互作用を指定し、次数をドロップダウンリストから選択します。
    注意

    デフォルトより大きい値を指定した場合、結果の計算に多少時間を要する場合があります。

適合値と診断
  • 異常な観測値に対してのみ:異常な観測値のみに対する適合値、残差、診断統計量を表示します。
  • すべての観測値に対する:全観測値の適合値、残差、診断統計量を表示します。
平均
オプションサブダイアログボックスで指定した最小二乗平均(適合平均)を表示します。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください