誤差とは、関数や計算式、統計量などが真の、または理論上の値を完全に説明したりモデル化しきれなかった程度のことです。つまり、実際の値と予測値の間の差を表します。統計分析にはある程度の誤差または不確実性が存在する場合がありますが、それを特定および数量化することで誤差が存在しているということを説明できます。

家の屋根の取替えのためにある業者が雇われたとします。業者は変数の数によって作業の費用を計算できます。変数には屋根の面積、傾斜度、および屋根のタイプなどが含まれます。しかし、これらの因子が変動することによって、最終的な費用が変更される場合があります。業者と家主は、見積り費だけでなく、その計算に使用された計算式に関連する誤差についても考慮する必要があります。

分散分析(ANOVA)における誤差の種類について、以下に説明します。
残差誤差
すべの主効果と交互作用が特定された後に残った変動性です。
全体過誤率
水準平均間の真の差を含まない信頼区間が1つ以上得られる最大確率です。
第1種の過誤および第2種の過誤
真である仮説を棄却する、または偽である仮説を受け入れる確率です。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください