応答の分散は、分散分析(ANOVA)の検出力とサンプルサイズの計算に適しているか

分散分析(ANOVA)で重要な分散は応答の分散ではありません。重要なのは誤差項の分散です。

有意な処理効果がモデルに含まれている場合は、その処理によって応答での分散のいくつかが説明されるため、応答の分散は誤差項の分散よりも格段に大きくなります。

平均平方誤差は、誤差項の分散を示す最適な推定値です。パイロット分析による平均平方誤差は、通常、分散分析の検出力とサンプルサイズの計算を実行する場合に役立ちます。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください