共変量が1つの場合の最小二乗平均の計算

共変量が1つの場合の最小二乗平均は次のように計算します。

  1. 塗料硬度.MTWを開きます。
  2. 統計 > 分散分析 > 一般線形モデル > 一般線形モデルを適合を選択します。
  3. 応答に、硬度を入力します。
  4. 因子塗料測定者を入力します。
  5. 共変量に、温度を入力します。
  6. オプションをクリックして、平均の横で主効果を選択します。
  7. 各ダイアログボックスでOKをクリックします。

    次のような結果が得られます。

    一般線形モデル:硬度 対 温度, 塗料, 測定者

    方法 因子のコード化 (-1, 0, +1)
    因子情報 因子 タイプ 水準 値 塗料 固定 4 配合 1, 配合 2, 配合 3, 配合 4 測定者 固定 3 1, 2, 3
    分散分析 調整平 要因 自由度 調整平方和 均平方 F値 p値 測定者 2 209.961 104.980 17.54 0.000 塗料 3 232.760 77.587 12.97 0.000 温度 1 7.608 7.608 1.27 0.275 誤差 17 101.731 5.984 合計 23 593.766
    モデル要約 R二乗 (調 R二乗 S R二乗 整済み) (予測) 2.44625 82.87% 76.82% 65.65%
    係数 係数の標 項 係数 準誤差 t値 p値 VIF 定数 -18.4 28.3 -0.65 0.525 測定者 1 4.106 0.834 4.92 0.000 1.93 2 -4.181 0.772 -5.42 0.000 1.66 塗料 配合 1 1.256 0.934 1.34 0.197 1.75 配合 2 -5.439 0.918 -5.92 0.000 1.69 配合 3 0.693 0.900 0.77 0.452 1.63 温度 1.066 0.945 1.13 0.275 1.35
    回帰式 塗料 測定者 配合 1 1 硬度 = -13.0 + 1.066 温度 配合 1 2 硬度 = -21.3 + 1.066 温度 配合 1 3 硬度 = -17.0 + 1.066 温度 配合 2 1 硬度 = -19.7 + 1.066 温度 配合 2 2 硬度 = -28.0 + 1.066 温度 配合 2 3 硬度 = -23.7 + 1.066 温度 配合 3 1 硬度 = -13.6 + 1.066 温度 配合 3 2 硬度 = -21.8 + 1.066 温度 配合 3 3 硬度 = -17.6 + 1.066 温度 配合 4 1 硬度 = -10.8 + 1.066 温度 配合 4 2 硬度 = -19.0 + 1.066 温度 配合 4 3 硬度 = -14.8 + 1.066 温度
    異常な観測値の適合値と診断 標準化 観測値 硬度 適合値 残差 残差 18 6.50 10.77 -4.27 -2.04 R R 大きな残差
    平均 平均の標 項 適合平均 準誤差 塗料 配合 1 14.83 1.09 配合 2 8.14 1.03 配合 3 14.27 1.02 配合 4 17.07 1.04 測定者 1 17.68 1.02 2 9.397 0.958 3 13.653 0.844
    共変量の平均 共変量 データ平均 標準偏差 温度 29.963 0.626
  8. 次に適合値を計算します。
    1. 統計 > 分散分析 > 一般線形モデル > 予測を選択します。
    2. 予測に共変量を含めるの選択を解除します。
    3. 値の列を入力を選択します。
    4. 表の中で、塗料塗料を入力し、作業者測定者を入力します。OKをクリックします。
  9. 両方の因子における適合値の平均を計算します。
    1. 統計 > 基本統計 > 記述統計量保存を選択します。
    2. 変数に、PFITS1と入力します。
    3. グループ変数 (オプション)に、塗料 測定者を入力します。OKをクリックします。
  10. 最後に、各因子に対する平均値の平均を個別に計算します。
    1. 統計 > 基本統計 > 記述統計量保存を選択します。
    2. 変数に、 方法1と入力します。
    3. グループ変数 (オプション)に、ByVar1と入力します。OKをクリックします。
      異なる混合塗料の最小二乗平均がワークシートに表示されます。
      • 配合1: 14.83
      • 配合2: 8.14
      • 配合3: 14.27
      • 配合4: 17.07
    4. 統計 > 基本統計 > 記述統計量保存を選択します。
    5. グループ変数 (オプション)に、ByVar2と入力します。をクリックしますOK
      異なる作業者の最小二乗平均がワークシートに表示されます。
      • 作業者1: 17.68
      • 作業者2: 9.40
      • 作業者3: 13.65
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください