等分散性検定の分析のオプションを選択する

統計 > 分散分析 > 等分散性検定 > オプション

信頼水準

ボンフェローニの同時信頼区間の信頼水準を入力します。通常、95%の同時信頼水準が適切です。

同時信頼水準は、分析が複数回繰り返された場合に、信頼区間のセット全体にすべてのグループ比較の真の標準偏差が含まれる回数の割合です。95%の同時信頼水準は、分析を100回行った内の95回は、信頼区間のセット全体に全グループの真の母集団標準偏差が含まれることを示しています。

詳細については、「信頼水準を使用して多重比較における因子水準間の有意差を特定する」と「ボンフェローニの方法とは」を参照してください。

正規分布に基づく検定を使用する

データが正規分布に従っていると分かっている場合、正規分布に基づく検定を使用するを選択し、多重比較検定やルビーン検定ではなくバートレットの検定を使用します。グループが2つしかない場合、Minitabではバートレットの検定の代わりにF検定が実行されます。

F検定とバートレットの検定は正規に分布したデータでのみ正確になります。正規性からのいかなる逸脱も不正確な検定結果の原因となる可能性があります。しかし、データが正規分布に従っている場合、F検定とバートレットの検定は、多重比較やルビーンの方法に比べて検出力は高いです。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください