等分散性検定の概要

複数のグループの分散または標準偏差が異なるかどうかを判定するには、等分散性検定を実行します。少なくとも1つのカテゴリ因子と1つの連続応答が必要です。

たとえば、材木卸売業者が、3つの製材所で切断した梁の長さの変動を比較するとします。製材所で、分散が著しく大きい梁を製造する場合、材木卸売業者は製材所からの材木の販売を停止する可能性があります。

この分析の場所

等分散性検定を実行するには統計 > 分散分析 > 等分散性検定を選択します。

他の分析を使用する場合

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください