混合効果モデルを適合の統計量を保存する

統計 > 分散分析 > 混合効果モデル > 混合効果モデルの当てはめ > 保存

分析によって得られる行列は、その他の分析、グラフ、マクロで使用できるように保存することができます。Minitabでは、選択された統計量を最後のデータ列の後に保存します。保存列の名前の末尾は数字になっており、同じ統計量を複数回保存するごとに数値が大きくなります。

これらの統計量についての詳細は、すべての統計量とグラフを参照してください。

保存できる統計量

適合値
周辺適合値は列FITS、条件付き適合値は列CFITSに保存されます。
残差
周辺残差は列RESI、条件付き残差は列CRESIに保存されます。
標準化残差
標準化周辺残差は列SRES、標準化条件付き残差は列CSRESに保存されます。
てこ比
てこ比は列HIに保存されます。
係数
係数は列COEFに保存されます。
固定効果の計画行列
固定効果項の計画行列はXMATRIXと呼ばれる行列に保存されます。
ランダム効果の計画行列
変量効果項の計画行列はZMATRIXと呼ばれる行列に保存されます。
固定効果推定の分散行列
固定効果の共分散行列はFIXCと呼ばれる行列に保存されます。
分散成分推定の分散行列
分散成分の共分散行列はCOVAと呼ばれる行列に保存されます。
平均
オプションダイアログボックスで指定した平均値は列MEANSに保存されます。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください