混合効果モデルを適合で表示する結果を選択する

統計 > 分散分析 > 混合効果モデル > 混合効果モデルの当てはめ > 結果
結果の表示
  • 単体表:すべての表の簡易版を表示します。
  • 拡張表:次の表の拡張版を表示します。
    • 分散成分
    • 係数
    • 周辺適合値と診断
    • 条件付き適合値と診断
方法
分析の設定を要約した表を表示します。
因子情報
因子名、変量因子かどうか、水準数、および水準の要約を表示します。
反復履歴
アルゴリズムが収束するまでの反復数と、各反復における-2対数尤度値を表示します。
分散成分
分散成分の推定値を表示します。
分散成分推定の分散-共分散行列
分散成分推定値の分散共分散行列を表示します。
固定効果の検定
固定効果項の異なる水準での平均が同等かどうかの検定結果を表示します。
モデル要約
R2を含むモデルの適合性を評価する統計量を表示します。
係数
係数と、係数が0であるかどうかの検定結果を表示します。ドロップダウンリストから、表に表示する因子に対する係数の数を制御することができます。
  • デフォルト係数:因子のすべての一次独立係数を表示します。
  • 係数のフルセット:因子のすべての水準(最終、一次従属、水準など)について係数を表示します。
ランダム効果予測
モデルにあるランダム項の統計量を表示します(ランダム項の水準効果の最良線形不偏予測値(BLUP)を含む)。
周辺適合式
周辺適合値の式を表示します。周辺適合値は、存在する場合は入力した共変量と、固定因子の組み合わせ水準における平均応答値を表します。周辺適合値の計算には変量因子水準は使用されません。
  • 各因子水準の別個の式:因子水準の各組み合わせに対する別個の式を表示します。
  • 単一式:全因子の全水準が含まれる1つの式を表示します。
条件付き適合式
条件付き適合値の式を表示します。条件付き適合値は、データ内の変量因子水準に対する適合値です。条件付き適合値を使用して、分析で変量因子の特定の水準の差を調べます。
  • 各因子水準の別個の式:因子水準の各組み合わせに対する別個の式を表示します。
  • 単一式:全因子の全水準が含まれる1つの式を表示します。
周辺適合値と診断
  • 異常な観測値のみ異常な観測値のみの周辺適合値、周辺残差、診断統計量を表示します。
  • すべての観測値:すべての観測値の周辺適合値、周辺残差、診断統計量を表示します。
条件付き適合値と診断
  • 異常な観測値のみ:異常な観測値のみの条件付き適合値、残差、診断統計量を表示します。
  • すべての観測値:すべての観測値の条件付き適合値、残差、診断統計量を表示します。
平均
オプションのダイアログボックスで指定した適合平均を表示します。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください