混合効果モデルを適合の変量効果予測を求める方法と計算式

目的の方法または計算式を選択してください。

最良線形不偏予測値(BLUP)

BLUPは、モデル内のランダムな項の予測値です。混合モデルの一般形を再呼び出しします。
BLUP推定値を生成するベクトルは以下になります。

ここで

表記に関する詳細は、「方法」のセクションを参照してください。

BLUPの標準誤差

推定される標準誤差は、以下の行列の対角の平方根です。

ここで

表記に関する詳細は、「方法」のセクションを参照してください。

BLUPの自由度

検定の自由度:BLUP成分の検定の自由度は

ここで

表記

用語説明
値1が行にあり、値0が次元にあるベクトル
W分散成分推定値の漸近的な分散共分散行列

表記に関する詳細は、「方法」のセクションを参照してください。

BLUPの信頼区間

100 × (1 – α)%の信頼限界は、成分(μ個の応答値中)の条件付き予測において次の形を取ります。

表記

用語説明
管理図の中でも BLUP
管理図の中でも百分位数(所定の自由度を持つt分布から得られる)は
1 − 信頼水準
df自由度: BLUP

BLUPのt値

BLUPのp値

最良線形不偏予測値(BLUP)が0に等しいという帰無仮説の両面p値は以下になります。

表記

用語説明
帰無仮説の下で、Tが次で算出される絶対値より小さい確率です。。ここでのTは自由度dfにおいて、t分布に従っています。
t 値( BLUP用)
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください