混合効果モデルを適合における周辺適合値と残差を求める方法と計算式

目的の方法または計算式を選択してください。

周辺適合値

予測されたYまたは;与えられた固定因子の平均応答値および、周辺適合式から算出した共変量です。周辺式には変量因子の係数は含まれません。

表記に関する詳細は、「方法」と「固定効果の検定」のセクションを参照してください。

周辺適合値の標準誤差(SE Fit)

混合モデルの周辺適合値の標準誤差は、固定効果の検定方法により異なります。どちらの方法でも、標準誤差は適合値の分散行列の対角要素の平方根です。

ケンワードーロジャー法

ここで

サタスウェイトの近似

ここで

周辺平均の信頼区間

計算式において、周辺平均応答の信頼区間は次の計算式で算出されます。

は周辺適合値です。は適合値の標準誤差です。

周辺適合値の場合は自由度はこの計算式を使います。

ここで

表記

用語説明
管理図の中でも行(X行列内)

周辺残差

管理図の中でも周辺残差は、次の式で計算されます。

表記

用語説明
yi 管理図の中でも応答値
管理図の中でも周辺適合値

標準化残差

標準化残差は、「内部的スチューデント化残差」とも呼ばれます。

残差の標準偏差は、残差分散行列の適切な対角平方根です。

ここで

表記

用語説明
eii番目の残差
Std(ei)i番目の残差の標準偏差

周辺データのてこ比(Hi)

てこ比行列は次の形を取ります。

Hi列は対角要素Hを示します。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください