混合効果モデル内の未知のパラメータは、制限された尤度関数を最大化するか、それと同等に、制限された対数尤度関数を2倍した負の値を最小化することで推定されます。反復履歴表には、アルゴリズムが収束するまでの反復数と、各反復における-2対数尤度値が表示されます。モデルに含まれるパラメータの推定に使用されるアルゴリズムに関する詳細は、制限付き最尤法(REML)の推定を参照してください。

反復履歴表は、結果のサブダイアログで反復履歴を選択した場合のみ表示されます。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください