主効果プロットの概要

1つ以上のカテゴリ因子が連続応答に影響するかどうかを判定するには、主効果プロットを使用します。

たとえば、カーペットメーカーが一元配置分散分析の結果を確認しようとしているとします。メーカーは、カーペットごとの平均耐久性スコアの主効果プロットを作成します。

この分析の場所

主効果プロットを作成するには統計 > 分散分析 > 主効果プロットを選択します。

代替プロットを使用する場合

このプロットにはデータ平均が表示されます。一般線形モデルを適合した後であれば、因子プロットを使用して、データ平均ではなく適合平均の主効果プロットと交互作用プロットを作成することができます。

平均のタイプに関する詳細については、データ平均と適合平均を参照してください。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください