主効果プロットのデータに関する考慮事項

グラフでデータを最も効果的に表現する場合には、次のガイドラインを考慮します。

データにはカテゴリ因子が1つか2つ含まれている
因子に関する詳細は、因子と因子水準を参照してください。
応答変数は連続量である
応答の列は数値である必要があります。
ベストプラクティスを使用してデータを収集する
結果が確実に有効になるようにするため、次のガイドラインについて考慮します。
  • データが対象の母集団を表すことを確認します。
  • 必要な精度を達成するために十分なデータを収集します。
  • 可能な限り正確かつ高精度に変数を測定します。
  • データを収集した順序で記録します。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください