交互作用プロットの主要な結果を解釈する

1つのカテゴリ因子と1つの連続応答の関係と、2番目のカテゴリ因子の値との依存関係を示すには、交互作用プロットを使用します。このプロットでは、X軸に1つの因子の平均が表示され、別の因子の水準ごとに別個の線が表示されます。

ラインを評価することにより、交互作用が因子と応答の関係に与える影響について理解します。
平行ライン
交互作用は発生しません。
非平行ライン
交互作用が発生します。ラインの非平行度が高いほど、交互作用の強度が高くなります。

このプロットを使用して効果を表示することができますが、必ず適切な分散分析(ANOVA)検定を実行し、その効果の統計的な有意性を評価してください。交互作用効果が有意な場合は、その交互作用効果を考慮せずに主効果を解釈することはできません。

この交互作用プロットにおいて、ラインは平行ではありません。この交互作用効果は、金属種別と強度の関係が焼結時間に依存することを示しています。たとえば、金属種別2を使用する場合には、焼結時間150が最大平均強度に関連付けられます。しかし、金属種別1を使用する場合には、焼結時間100が最大平均強度に関連付けられています。

一般線形モデルの結果は、焼結時間と金属種別の間の交互作用が有意であることを示しています。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください