完全枝分かれ分散分析の概要

完全枝分かれ分散分析を使用して、完全枝分かれモデルに含まれる因子が応答変数に影響を与えるかどうかを判断します。モデルに含まれるすべての因子は変量因子でなければなりません。

たとえば、分析者がランダムに選んだ機械と作業者がアルミ管の引張強度に影響を与えるかどうかを判断したいと考えているとします。各機械にはそれぞれ異なる作業者が付くため、作業者は装置から枝分かれしています。

この分析の場所

完全枝分かれ分散分析(ANOVA)を実行するには、統計 > 分散分析 > 完全枝分かれ分散分析を選択します。

他の分析を使用する場合

モデルが完全に枝分かれしていない場合や固定因子が1つでもある場合は、一般線形モデルを適合を使用します。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください