バランス型分散分析の分析のオプションを選択する

統計 > 分散分析 > バランス型分散分析 > オプション

無制約型ではなく制約型モデルを使用したい場合は、制約型モデルを使用を選択します。

混合モデルは、固定因子と変量因子の両方を持つモデルのことです。このモデルには2つの型があります。1つは制約型モデルと呼ばれ、固定効果に対応する見出し上で合計がゼロになるような交差で、混合項を必要とし、もう1つの型はこれを必要としません。多くの教科書では、無制約型のモデルを使用しています。多くの統計プログラムでは、無制約型のモデルを使用しています。Minitabのデフォルトでは、無制約型のモデルが適合されますが、制約型のモデルを適合するよう選択することもできます。どちらの型のモデルを選ぶかの理由は、統計学の文献(1)には詳しく説明されていません。

モデルの選択は、平方、自由度、平均平方、または周辺分布平均とセル平均の和には影響しませんが、 平方平均の期待値、F検定の誤差項、および分散成分の推定値には影響します。

1 S.R. Searle, G. Casella, and C.E. McCulloch (1992). Variance Components. John Wiley & Sons.
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください