バランス型分散分析のデータを入力する

統計 > 分散分析 > バランス型分散分析

分析するデータの列を指定するには、次の手順を実行します。

  1. 応答で、因子により説明または予測する数値データの列を入力します。2つ以上の応答がある場合、Minitabはそれぞれの応答に対して別々の分析を行います。応答はY変数とも呼ばれます。
  2. モデルで、応答の変化を説明または予測すると考えられる項を入力します。半数はカテゴリ因子である必要があります。交差・枝分かれ因子固定・変量因子を含むことができます。モデル項を指定する方法の詳細は、バランス型分散分析(ANOVA)と一般多変量分散分析(MANOVA)のモデル項を指定するを参照してください。
  3. 変量因子で、変量因子を含む列を入力します。変量因子の水準はランダムに選択され、固定因子の水準は実験者によって管理されます。
このワークシートでは、強度は応答で、繊維の測定強度を含みます。機械作業者は変量因子で、繊維の強度を説明すると考えられます。作業者と機械の全組み合わせは同じ数の観測値を持つため、計画はバランス型です。この省略版のワークシートには全ての観測値が表示されているわけではないことに注意してください。
C1 C2 C3
強度 機械 作業者
115 1 1
114 2 2
120 3 3
117 4 1
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください