バランス型分散分析の平均表

平均表におけるすべての統計量の定義と解釈について解説します。

N

サンプルサイズ(N)は、各グループに含まれる観測値の合計数です。

解釈

サンプルサイズは、信頼区間と検定の検出力に影響します。

通常、サンプルサイズが大きいほど信頼区間が狭くなります。また、サンプルサイズが大きいほど、検定で差を検出する検出力が高まります。詳細は、検出力とはを参照してください。

平均

1つ以上のカテゴリ変数に基づく、グループに含まれる観測値の平均です。平均とはデータの中心値で、各グループを示す単一の値です。これはグループのすべての観測値の和をそのグループの観測値数で割ったものです。

解釈

平均表を使い、データ内の因子水準間の統計的に有意な差を把握します。各グループの平均値は、各母平均の推定値です。項のグループ平均値間の統計的に有意な差を探します。

主効果として、表は各因子内のグループとその平均値が表示されます。交互作用効果としては、可能性のある全てのグループの組み合わせが表示されます。交互作用項が統計的に有意な場合は、主効果の解釈では必ず交互作用効果も考慮してください。

これらの結果では、平均表は厚さの平均値が時間帯、装置の設定、および時間と装置設定の組み合わせにより変わることを示しています。設定は統計的に有意で、平均は装置設定間で異なります。しかし、時間帯*設定の交互作用項も統計的に有意なため、交互作用効果を考慮することなしに主効果を解釈しないでください。たとえば、交互作用項の表では、設定が44の場合、時間帯2がコーティングの厚みの増加に関連付けられてることを示しています。一方、設定が52の場合は時間帯1が厚みの増加に関連付けられています。

一般線形モデル:厚さ 対 時間帯, 測定者, 設定

平均 項 適合平均 時間帯 1 67.7222 2 68.7222 設定 35 40.5833 44 73.0833 52 91.0000 時間帯*設定 1 35 40.6667 1 44 70.1667 1 52 92.3333 2 35 40.5000 2 44 76.0000 2 52 89.6667
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください