平均の分析α水準を指定する

統計 > 分散分析 > 平均の分析

α水準に、過誤率またはアルファ値(表記はα)を入力します。通常、αの値として0.05が適しています。このα水準は、実際には差が存在しない場合に、差が存在すると結論付けてしまうリスクが5%であるということを示します。

平均の分析表の決定線は、実験全体の過誤率(分散分析(ANOVA)でペアワイズ比較を行うときに使う全体過誤率に似ている)に基づきます。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください