平均の分析におけるポアソンデータの方法と計算式

対象とする属性が無限回発生するデータを表すには、ポアソン分布を使用します。データカウントはk回です。下に示すのは、Minitabでポアソン分布を持つデータの平均分析(ANOM)結果が計算される手順です。

  1. 全体の平均回数が計算されます。
    • c̅ = Σk i=1 ci / k
  2. 回数の標準偏差の推定値が計算されます。
    • s = Sqrt (c̅)
  3. 有意水準αでの決定線が決定されます。
    • UDL = c̅ + hα s * Sqrt((k - 1)/ k)
    • LDL = c̅ - hα s * Sqrt((k - 1)/ k)

    ここで、hα = 標準正規分布に対するα2の逆累積確率で、α2 = 1 -α / (2 * k)です。

    応答列(k)の行数が2の場合、α = 1 -α / 2になります。

  4. 決定線と中心線で回数がプロットされます。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください