効果プロットの表示のデフォルト設定を指定

ツール > オプション > 線形モデル > 効果プロット

効果プロットのデフォルトを設定します。デフォルトに加えた変更は、Minitabを終了しても、再度変更するまで維持されます。

  1. 表示する効果プロットを選択します。
    • パレート図:効果のパレート図を表示します。
    • 正規:効果の正規確率プロットを表示します。
    • 半正規:効果の半正規プロットを表示します。
  2. 効果プロットの表示対象の項を指定します。
    • モデル項のみを表示:モデルで指定されている項のみでプロットを表示します。すべてのプロットは、適合値を表示します。
    • すべての項を表示:モデルで指定されている変数を含むすべての項でプロットを表示します。モデルにない項のプロットは、データ値を表示します。
    たとえば、モデルではカテゴリ1とカテゴリ2が指定されますが、2因子交互作用は指定されないと仮定します。モデル項のみを表示を選択した場合、交互作用は表示されません。ですが、すべての項を表示を選択した場合、両項は主効果としてモデルで指定されるため、プロットにはカテゴリ1*カテゴリ2の交互作用の項が含まれます。
  3. 分割区法を分析するときに表示する効果プロットを、分割実験計画から選択します。
    • サブプロット効果についてのみ効果プロットを表示:サブプロットの効果プロットを表示します。
    • サブプロットおよびプロット全体効果について効果プロットを表示:サブプロットと全プロットの効果プロットを表示します。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください