管理グラフのデフォルト設定を指定

ツール > オプション > グラフィックス > グラフ管理

開くことのできるグラフの数と、グラフの閉じ方および保存の仕方を指定します。デフォルトに加えた変更は、Minitabを終了しても、再度変更するまで維持されます。
グラフの最大数
一度に開くことのできるグラフの数を、1~300の整数で指定します。
グラフが多すぎる場合にはMinitabは
開くグラフの最大数に達していて、別のグラフを開こうとしたときの、Minitabの動作を指定します。
  • 1つ以上のグラフを閉じる必要があるとプロンプトを表示:閉じるグラフを選ぶよう求められます。
  • 一番古いグラフを閉じる:最初に作成したグラフが閉じます。
  • すべてのグラフを閉じる:すべてのグラフが閉じます。
グラフを閉じる前に保存するよう促すプロンプトの表示
保存せずにグラフを閉じるときの、Minitabの動作を指定します。
  • 現在のバージョンが保存されていない場合:グラフを閉じる前に、保存するよう求められます。
  • まったく行わない:保存されていなくてもグラフが閉じます。
すべてのグラフを閉じるコマンドを確認する
ウィンドウ > すべてのグラフを閉じるを選択すると確認メッセージが表示されるか、またはツールバーの対応するボタンをクリックします。
グラフを開くときに、プロジェクトにコピーが追加されていることに注意を促す
グラフを開くときに、グラフのコピーが現在のプロジェクトに追加されるというメッセージが表示されます。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください