数値データと表示フォーマット

通常、数字が入力されている列のデータ型は数値です。各列の表示フォーマットを指定することができます。

Minitabに入力できる数字や記号

数字(0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10)と*(欠損値記号)を入力できます。数値データには、正と負の符号(+と-)および小数点セパレータを使用できます。数値を指数(科学的)表記で入力するには、3.2E12のようにEを使用します。通貨記号またはパーセント記号(%)付きの数値データを入力することもできます。数字、指標のE、*、%、または通貨記号以外の文字が入力されている列は、テキストとしてフォーマットされます。

Minitabでの非常に大きい数値と非常に小さい数値の処理方法

ワークシートには、最大±1x1018までの正または負の数値を保存することができます。Minitabでは、この制限を超えた数値は欠損値に変換され、この変換が行われたことを通知するエラーメッセージが表示されます。この制限を超えるデータがある場合は、Minitabにそのデータを入力する前に適正な値に修正してください。非常に大きい、または小さい数値が含まれる列は、指数表記が使用されます。

指数表記

指数(科学的)表記は、非常に大きい、または小さい数字の場合に便利です。Minitabで使用される指数表記は、次の要素で構成されています。
  • 係数(整数または小数)
  • 文字E(科学的表記で10を掛けるのに同じ)
  • 指数(正または負の整数)
指数表記の例を次の表に示します。
標準的な表記 Minitabでの表記
12000000000 1.2 x 1010 1.2E+10
−12000000000 −1.2 x 1010 −1.2E+10
0.00000000012 1.2 x 10 −10 1.2E−10
−1.2 x 10−10 −1.2E−10

列の表示フォーマットを指数表記に変更するには、列をクリックしてエディタ > 列のフォーマットを選択します。その後、タイプを選択指数を選択します。

通貨フォーマット

ワークシートでは、通貨記号付きの数値データを表示できます。通貨記号付きの数値データは他のすべての数値データと同じ方法で分析できます。

数値データの通貨およびパーセントフォーマットは基本的に表示目的でのみ使用します。これらのフォーマットのデータは他の数値データと同じように分析できますが、ダイアログボックスまたはセッションコマンドの入力値として通貨記号やパーセント記号を直接入力しても、ほとんどの場合認識されません。

通貨記号

デフォルトでは、Windowsのコントロール パネルの「地域と言語の設定」で選択されている通貨記号が認識されるようになっています。設定された通貨フォーマットとは異なる記号の通貨値を入力すると、Minitabは通貨記号を保持ますが、そのデータを数値ではなくテキストとしてフォーマットします。たとえば、地域の通貨設定が$(ドル記号)の場合に₤(ポンド記号)付きの値を入力すると、その列はテキストとしてフォーマットされます。とは言え、Windowsのコントロール パネルの「地域設定」を変更することなく、異なる通貨記号を認識するように、列の表示フォーマットを変更できます。

たとえば、通貨値を主に米ドルで記録しているため、Windowsのコントロール パネルの「地域設定」で通貨記号として米ドル($)を選択しているとします。1つの列にユーロ(€)を使用して数値データを入力する必要が生じたとします。
  1. 列をクリックし、エディタ > 列のフォーマットを選択します。
  2. タイプを選択から、通貨を選択します。
  3. 記号から、ユーロ (? 123)を選択します。
  4. OKをクリックします。

正および負の通貨値

正の通貨値は、Windowsのコントロール パネルの「地域設定」で選択した正の通貨フォーマットを使用して表されます。たとえば、5ユーロを正の通貨値として表すには、「€ 5.00」または「5.00 €」と入力します。

負の通貨値を表すには、-または( )を使用します。たとえば、2.25ユーロを負の通貨値として表すには、(2.25 €)または-2.25 €と入力します。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください