計算式を使用して、1つの列のデータを他の列のデータの関数として定義することができます。

列の計算式について

計算式を使用して、1つの列のデータを他の列のデータの関数として定義することができます。

たとえば、列名がLの列に長さ、列名がWの列に幅を記録すると、W*Lという計算式から自動的に領域を計算し、第3の列(領域)に保存させることができます。LWの値が変わると、領域列も自動的に再計算されます。

計算式は個別のセルではなく列全体に割り当てられます。列に割り当てられている計算式がその同じ列を参照することは(直接または間接を問わず)できません。たとえば、2 * C1という計算式は列C1には割り当てられません。これはC1の各データ値は同時に元の値と2倍になった値にはなり得ないためです。

計算式が割り当てられている列は、列番号のセルに緑のチェックマークが付きます。

計算式を列に割り当てる

列に計算式を割り当てるには、列をクリックしてエディタ > 計算式 > 計算式を列に割り当てるを選択し、式を入力します。詳細は、計算機による計算式の作成を参照してください。

データを変更した際に、自動的に再計算されるのを防ぐには、エディタ > 計算式 > すべての計算式を自動的に計算するを選択して選択を解除します。

計算式の列への割り当て

C1とC2にデータが保存されているとします。この2つの列の和をC3に保存し、2つの列の積をC4に保存します。C1またはC2が変更されるたびにC3とC4が自動的に再計算されるようにします。

  1. C3内をクリックします。エディタ > 計算式 > 計算式を列に割り当てるを選択します。
  2. に、C1+C2と入力します。OKをクリックします。
  3. C4をクリックします。エディタ > 計算式 > 計算式を列に割り当てるを選択します。
  4. に、C1*C2と入力します。OKをクリックします。
  5. エディタ > 計算式 > すべての計算式を自動的に計算するが選択されていることを確認します。

列に割り当てられた計算式を確認する

列の計算式を確認するには、列番号セル内の計算式アイコンの上にカーソルを合わせます。ワークシート内のすべての計算式を確認するには、次の手順を実行します。

  1. 編集 > コマンドラインエディタを選択します。
  2. 情報と入力し、コマンドを発行するをクリックします。
セッションウィンドウに情報が表示されます。

計算式を1度計算する

プロジェクト内の計算式が計算されるタイミングを制御することができます。

計算式が自動的に計算するように設定されていない状態でデータを変更した場合、列番号セル内のアイコンが黄色い三角に変わります。

  1. ワークシート内をクリックし、エディタ > 計算式 > すべての計算式を自動的に計算するを選択して選択を解除します。
  2. すべての計算式を一度計算するには、エディタ > 計算式 > すべての計算式をただちに計算するを選択します。 このオプションがグレー表示になっている場合は、すべての計算式が最新であることを示しています。
ヒント

Minitabのその後のセッションのデフォルト設定を変更するには、ツール > オプション > 計算式を選択します。

計算式の削除

  1. 削除する計算式が割り当てられている列を選択します。
  2. エディタ > 計算式 > 選択した列から計算式を削除するを選択します。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください