日付・時刻コマンドの概要

日付・時刻コマンドを使用して、日付・時刻列の値を切り捨てたり、日付・時刻列から成分をテキスト列や数値列に抽出したりします。

日付・時刻データの四捨五入

日付・時刻値を切り捨て、結果の値を日付・時刻列に保存します。たとえば、ある管理者は各売上の日付と時刻を記録していますが、そのデータを1日の売り上げごとにまとめます。管理者は日付・時刻データの四捨五入を使用して、時刻データを切り捨て、0にします。次のワークシートでは、日付と時刻列には元のデータが入っています。日付列には切り捨て後の日付か時刻が入っています。

C1-D C2-D
日付と時刻 日付
2015/01/30 12:52:19 2015/01/30 0:00:00
2015/01/31 10:29:26 2015/01/31 0:00:00
2015/04/04 2:34:01 2015/04/04 0:00:00
2015/06/30 8:04:10 2015/06/30 0:00:00

日付・時刻データの四捨五入を使用すると、基になる日付・時刻値が変更されます。Minitabにおける日付・時刻データの詳細は、日付・時刻データを参照してください。

基になる値を変更せずに、データの表示方法だけを変更したい場合は、エディタ > 列のフォーマットを使用します。たとえば、年のみ、日付のみ、日付と時刻のみ、など表示方法を選択することができます。

日付・時刻データを数値データとして抽出

日付・時刻列から指定した日付成分または時刻成分を数値列へコピーします。たとえば、管理者は日別の売り上げデータを記録していますが、週数で売り上げを調べたいと考えています。管理者は日付・時刻データを数値データとして抽出を使用して、週数を抽出します。次のワークシートでは、日付列には元のデータが入っています。列には週数(数値データ)が入っています。

C1-D C2
日付
2015/01/30 5
2015/01/31 5
2015/04/04 14
2015/06/30 27

日付・時刻データをテキストデータとして抽出

指定した日付成分または時刻成分をテキスト列へコピーします。たとえば、管理者は月別の売上高を記録していますが、会計四半期を棒グラフのカテゴリ変数に使用しようとしています。管理者は日付・時刻データをテキストデータとして抽出を使用して、四半期および年成分を抽出します。次のワークシートでは、日付列には元のデータが入っています。四半期列には四半期および年(テキストデータ)が入っています。

C1-D C2-T
日付 四半期
2015/01/30 Q12015
2015/01/31 Q12015
2015/04/04 Q22015
2015/06/30 Q22015

これらのコマンドの場所

日付・時刻列を切り捨てたり抽出したりするには、次のいずれかを選択します。
  • データ > 日付/時刻 > 日時を四捨五入
  • データ > 日付/時刻 > 数値を抽出
  • データ > 日付/時刻 > テキストを抽出

代替コマンドを使用する場合

基になる値を変更せずに、ワークシートの日付・時刻データの表示方法だけ変更したい場合は、列のフォーマットを使用します。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください