値を一致させてワークシートをマージする

データ > ワークシートのマージ > 値を一致させる

マージさせるワークシートを指定する

ワークシートのマージのダイアログボックスを開くと、マージするの横にアクティブなワークシートの名前が表示されます。アクティブなワークシートは、マージされるワークシートの1つになります。

  1. 付加ワークシートから、アクティブなワークシートとマージさせるワークシートを選択します。
  2. 保存ワークシートに、新しいワークシートの名前を入力します。

観測値の一致に使用する列を指定する

観測値の一致に使用する列を指定できます。各ワークシートの指定された列の値が照合され、昇順で並び替えられます。残りの列は、指定列に従って並べ替えられます。これにより、マージ後のワークシートの各行には、同一グループの情報が含まれます。複数の観測値、一致しない観測値、および欠損となる観測値を、マージ後のワークシートに含めるかどうかを指定することもできます。

詳細は、ワークシートのマージでキー列を設定する方法:値を一致させるを参照してください。

  1. キー列の指定をクリックします。
  2. 利用可能な列で、各ワークシートから列を1つ選択します。
    各ワークシートのキー列の値が照合され、これによりマージ後のワークシートの各行には、キー列の同一の値の情報が含まれます。
  3. 右矢印をクリックして、選択した列をキー列の指定に移動させます。
  4. ワークシートのキー列で繰り返される値をワークシートに含む場合は、そのワークシートに対応する複数の観測値を含むを選択します。
  5. 一方のワークシートのキー列と一致する値を持たないワークシートの行も含む場合は、一致しない観測値を含むを選択します。
  6. 欠損値を含む行をいずれかのキー列に含む場合は、欠測値をBy水準として含むを選択します。
    欠損となる観測値は、個々の値として処理されます。両方のワークシートの欠損となるキー列の値は一致します。

含める、または除外する列を指定する

マージ後のワークシートに含む列、または除外する列を指定することができます。

  1. メインダイアログボックスの列の選択をクリックします。
  2. 1つ以上の列を選択し、列の選択または列を除外するに矢印キーをクリックして移動させます。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください