バーについて

グラフ上の各バーの高さはカテゴリ(カテゴリデータ)または区間(連続データ)の統計量を表します。

デフォルトでバーが表示されるグラフ

ヒストグラム

デフォルトで、バーは連続変数の各区間(ビン)に属す観測数(度数)を表します。

棒グラフ

バーは、カテゴリの計数、各種カテゴリ統計量(平均、合計など)、またはカテゴリの要約値を表します。

パレート図

バーは、欠陥の種類ごとの数を表します。

オプションとしてバーを表示できるグラフ

周辺分布図、区間プロット、個別値プロットでもバーを表示できます。
周辺分布図

外側に表示されたヒストグラムは、x値およびy値の度数を表し、xとyの分布とその関係を視覚的に表示します。

区間プロット

バーはカテゴリの平均を表します。

グラフ上のバーのカラーの変更

棒グラフが次のデータを要約しているとします。

C1 C2 C3 C4
作業者 機械 データ カラー
1 1 6 4
2 1 7 4
3 1 8 4
4 1 9 3
1 2 6 2
2 2 7 2
3 2 7 2
4 2 7 2

すべてのバーまたは個々のバーのカラーを変更する

上記ワークシートデータの棒グラフを作成し、1つのバーを別のカラーにするとします。

  1. 上記ワークシートデータの棒グラフを作成します。
    1. グラフ > 棒グラフを選択します。
    2. 以下の値を棒グラフにするから表からの値を選択します。
    3. 値の1つの列クラスターを選択します。OKをクリックします。
    4. グラフ変数データを入力します。グループ(カテゴリ)変数 (1~4、最初の変数が一番外側のグループ)機械および作業員を入力します。
    5. OKをクリックします。
  2. 変更するバーを選択します。バーを1回クリックすると、すべてのバーが選択されます。バーを2回クリックすると、個々のバーが選択されます。
  3. 選択したバーをダブルクリックします。
  4. 属性タブで、色埋めパターンの下のカスタムを選択します。
  5. 背景色からカラーを選択します。
  6. OKをクリックします。

バーの各クラスターが異なるカラーのグラフを作成する

上記ワークシートデータの棒グラフを、機械1のすべてのバーと機械2のすべてのバーを異なるカラーにして作成するとします。

  1. グラフ > 棒グラフを選択します。
  2. 以下の値を棒グラフにするから表からの値を選択します。
  3. 値の1つの列クラスターを選択します。OKをクリックします。
  4. グラフ変数データを入力します。グループ(カテゴリ)変数 (1~4、最初の変数が一番外側のグループ)機械および作業員を入力します。
  5. データ表示をクリックします。
  6. 属性を割り当てるグループ変数機械を入力します。
  7. 各ダイアログボックスでOKをクリックします。

カラーの指定に属性列を使用する

各バーのカラーを決定するために[カラー]列を使用するとします。カラーがグループに割り当てられます。

  1. グラフ > 棒グラフを選択します。
  2. 以下の値を棒グラフにするから表からの値を選択します。
  3. 値の1つの列クラスターを選択します。OKをクリックします。
  4. グラフ変数データを入力して、グループ(カテゴリ)変数 (1~4、最初の変数が一番外側のグループ)機械操作者のカラーを入力します。
  5. データ表示をクリックします。
  6. 属性を割り当てるグループ変数カラーを入力します。
  7. 各ダイアログボックスでOKをクリックします。
  8. 棒グラフのx軸をダブルクリックします。尺度タブで、スケールカテゴリ間のスペースの下でクラスター内のGapを選択解除して、-1を入力します。
  9. クラスター間のGapを選択解除して、0を入力します。
  10. タブをクリックします表示。に スケール水準別にラベルを表示 を選択解除します 目盛ラベル で、カラーOK

カラーの指定に属性列を使用する(セッションコマンドを使用)

各バーのカラーを決定するために、例のワークシートの[カラー]列を使用するとします。カラーはグループに割り当てられます。

  1. 編集 > コマンドラインエディタを選択します。
  2. 次のコマンドを入力します。
    Chart Sum(Data)*Machine;
    Group Operator;
    Bar;
    Color Colors.
  3. コマンドを発行するをクリックします。

バーの基本部分を変更する

基本部分は、バーの起点となる値です。基本部分より大きな値をグラフ化すると、ラインの上側に射影されます。基本部分より小さい値をグラフ化すると、ラインの下側に射影されます。目標値からの距離を表示する場合などには、基本部分を変更することができます。

  1. バーをダブルクリックし、ボックスオプションタブをクリックします。
  2. 基本部分カスタムをクリックし、基本部分のYスケール値を入力します。
  3. OKをクリックします。

バーの基本部分の変更例

営業チームの各メンバーに毎月12,000ドルという目標があるとします。基本部分が0の場合、売上げの合計を比べやすくなります。12,000ドル(Yスケールの12)という目標値との関係を強調するため、バーの基本部分を12に設定し、そこに参照ラインを引きます。これで、スティーブの合計が目標を下回り、メアリーはわずかに上回り、ロベルトとビルの成績が非常に良いことが分かります。

基本部分 = 0
基本部分 = 12
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください