3D散布図を使用して、3つの変数の潜在的な関連性を調べます。3D散布図を作成するとき、通常は予測変数をX軸とY軸に、応答変数はZ軸に表示させます。たとえば、温度と湿度がペンキの乾く時間に与える影響、あるいは馬力とタイヤ空気圧が車両の燃料効率に与える影響を調べる場合に使用します。

3D散布図を回転させて別の角度から表示することができます。これにより、変数間の関係をより入念に調べることができます。
元の3D散布図
回転した3D散布図

3D散布図の回転方法

[3Dグラフツール]ツールバーを使用して3Dグラフを回転します。デフォルトでは、このツールバーは3D散布図、3D曲面プロット、または3Dワイヤフレームプロットがアクティブのときにのみ表示されます。

  1. 3D散布図をクリックしてアクティブにします。
  2. [3Dグラフツール]ツールバーが非表示の場合、ツール > ツールバー > 3Dグラフツールを選択します。
  3. [3Dグラフツール]ツールバーの次のボタンを使用してグラフを回転します。ボタンを1度クリックすると小さい増分でグラフを回転します。ボタンをクリックして押したままにすると、回転し続けます。
    ツールバー項目 操作
    グラフをX軸を中心として時計回りまたは反時計回りに回転します。
    グラフをY軸を中心として時計回りまたは反時計回りに回転します。
    グラフをZ軸を中心として時計回りまたは反時計回りに回転します。
    グラフを元の位置および倍率に戻します。

    ボタンをクリックすると、プレビューウィンドウがポップアップしてグラフが回転する方法が正確に表示されます。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください