3D曲面プロットと3Dワイヤフレームのプロットを使用して、予測される応答の3次元曲面を表示することにより応答変数(z)と2つの予測変数(xとy)の関係を調べます。予測される応答を平滑面またはワイヤフレームとして表現するために選択できます。

3D曲面と3Dワイヤフレームのプロットを回転して、別の角度で表示できます。これにより、変数間の関係をより詳細に調べることができます。曲面の輝度、および曲面ライトの数と位置も変更できます。

プロットを回転する

[3Dグラフツール]ツールバーを使用して3Dグラフを回転します。デフォルトでは、このツールバーは3D散布図、3D曲面プロット、または3Dワイヤフレームプロットがアクティブのときにのみ表示されます。

  1. 3D曲面プロットまたは3Dワイヤフレームプロットをクリックしてアクティブにします。
  2. [3Dグラフツール]ツールバーが非表示の場合、ツール > ツールバー > 3Dグラフツールを選択します。
  3. [3Dグラフツール]ツールバーの次のボタンを使用してグラフを回転します。ボタンを1度クリックすると小さい増分でグラフを回転します。ボタンをクリックして押したままにすると、回転し続けます。
    ツールバー項目 操作
    グラフをX軸を中心として時計回りまたは反時計回りに回転します。
    グラフをY軸を中心として時計回りまたは反時計回りに回転します。
    グラフをZ軸を中心として時計回りまたは反時計回りに回転します。
    グラフを元の位置および倍率に戻します。

    ボタンをクリックすると、プレビューウィンドウがポップアップしてグラフが回転する方法が正確に表示されます。

曲面の輝度を調整する

3D曲面プロットでは、曲面の特徴が捉えやすくなるように、曲面の所々を照らし出しています。曲面の輝度、および最大3個までのライトの数と位置を変更できます。輝度を変更するには、曲面をダブルクリックしてライトタブをクリックします。

2ライト、輝度 = 10
3ライト、輝度 = 90

曲面のライトを回転する

3D曲面プロットのライトを回転するには、[3Dグラフツール]ツールバーを使用します。

  1. 3D曲面プロットまたは3Dワイヤフレームプロットをクリックしてアクティブにします。
  2. [3Dグラフツール]ツールバーが非表示の場合、ツール > ツールバー > 3Dグラフツールを選択します。
  3. [3Dグラフツール]ツールバーの次のボタンを使用してライトを回転させます。各ボタンを1度クリックすると小さい増分でライトが回転します。ボタンをクリックして押したままにすると、回転し続けます。
    ツールバー項目 操作
    X軸を中心として時計回りまたは反時計回りにライトを回転させます。
    Y軸を中心として時計回りまたは反時計回りにライトを回転させます。
    Z軸を中心として時計回りまたは反時計回りにライトを回転させます。
    ライトを元の位置に戻します。また、輝度以外の他の曲面のライトのオプションも元の設定に戻します。

曲面ライトの相対位置を調整する

3D曲面プロット上でライトの位置を示すx、y、z座標は、データ領域の中心(座標0 0 0)を起点として表現されます。座標単位は、x、y、z間に一貫性があるように設計されているので、データ単位とは関係していません。異なるライトの位置の例を以下で確認します。

デフォルトのライト位置

この例では、グラフの上方にある赤いドットは、ライト1のデフォルトの位置を表しています。青いドットは、ライト2のデフォルトの位置を表しています。

デフォルトの位置に対応する座標は次のとおりです。

ライト X Y Z
1 0 1 1
2 0 0 −1

ライト1は、X軸上ではグラフスペースの中心(X = 0)にありますが、Y軸とZ軸についてはそれぞれ正の方向に1単位(Y = 1、Z = 1)進んだ位置に置かれています。そのためライト1は、グラフ上方のやや後ろ右側に表示されています。

ライト2は、グラフスペースの真下にあり、X軸とY軸上の中心(X = 0、Y = 0)に位置していますが、Z軸については負のZ方向に1単位(Z = -1)進んだ位置に置かれています。

ライト1をYの中央に配置

この例では、ライト1のYはゼロに設定されているため、グラフスペース中央の真上の位置に置かれています。前の例に比べて、赤いライトがグラフ曲面の出っ張った部分をより集中的に照らしていることに注目してください。

これらのライト位置に対応する座標は次のとおりです。

ライト X Y Z
1 0 0 1
2 0 0 −1

ライト1のZを増加

この例では、ライト1のZが2に増やされているため、位置が高くなっています。赤の照明が曲面をより広く照らしていることに注目してください。

これらのライト位置に対応する座標は次のとおりです。

ライト X Y Z
1 0 0 2
2 0 0 −1

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください