時系列プロットのデータに関する考慮事項

グラフでデータを最も効果的に表現する場合には、次のガイドラインを考慮します。

時系列順にデータを記録する

時系列データは一定期間に収集され、時間順に記録されます。収集されたときと同じ順序でワークシート内に記録する必要があります。データが時系列順に並んでいない場合、データの時間に関するパターンを評価するときには時系列プロットを使用できません。

複数グループのデータを期間ごとに収集する場合、グループごとのデータを異なる列に入力します。たとえば、このワークシートの各列には、毎日特定の機械で製造された部品の数が含まれています。

C1 C2
機械1 機械2
5196 4367
4563 4100
4659 4451
... ...

一定の時間間隔でデータを収集する

時系列プロットと他の時系列分析では、1日に1回または1か月に1回など、一定期間にデータが収集されることを前提とします。データを収集する期間が一定でない場合、時系列プロットは誤解を招くものになる可能性があります。

データを収集する期間が一定でない場合、散布図を使用することを検討します。たとえば、日1、2、4、8、16のデータを収集する場合、散布図を使用して、Y軸上の測定データとX軸上の日数(1、2、4、8、16)をプロットできます。

適切な時間間隔でデータを収集する

見つけ出すパターンに基づいて期間を選択します。たとえば、工程の月次パターンを調べるには、月ごとに同じ期間のデータを収集します。データを収集する頻度が低くなると、月次パターンは検出できなくなります。データを収集する頻度が高くなると、データに不必要なノイズが増えて、月次パターンがあいまいになることがあります。

ただし、時間経過に伴うデータの一般的なトレンドやシフトのみを確認し、特定の時間間隔に関連するパターンを見るのでなければ、間隔の長さはそれほど重要ではありません。

トレンドまたはパターンを評価するために十分なデータを収集する
十分なデータを収集し、データのトレンドまたはパターンを十分に評価できるようにします。たとえば、観測されるすべてのパターンが長期のパターンであり、単なる短期の異常ではないと確信できるだけの十分なデータが必要です。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください