幹葉図プロットのデータに関する考慮事項

グラフでデータを最も効果的に表現する場合には、次のガイドラインを考慮します。

サンプルサイズはおおよそ50より小さくなければなりません。
幹葉図プロットは各データ値を表すものなので、サンプルサイズが約50未満のときに最適になります。サンプルが50より大きい場合、プロットのデータ点が拡散しすぎて、分布は評価が難しくなる可能性があります。データ点が50個を超える場合は、箱ひげ図ヒストグラムの使用を検討してください。
サンプルデータはランダムに選択される必要がある
統計では、ランダムサンプルを使用して母集団についての一般化または推定を行います。データの収集がランダムではない場合、結果には母集団は表示されません。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください