確率プロットの例

ある加工食品製造会社の研究者が、自社の瓶入りソースに含まれる脂肪含有率を評価したいと考えています。宣伝しているパーセントは15%です。研究者は無作為に選択した20個のサンプルの脂肪含有率を測定します。

研究者は最初の調査の一環として、正規性を確認し、分布を評価する確率プロットを作成します。

  1. サンプルデータを開く、脂肪含有率.MTW.
  2. グラフ > 確率プロット > 単一を選択します。
  3. グラフ変数に'脂肪率'を入力します。
  4. OKをクリックします。

結果を解釈する

データ点は、適合正規分布線(グラフ中央の実線)に比較的近接しています。p値は有意水準0.05より大きくなっています。したがって、データは正規分布に従うという帰無仮説を棄却できません。

Minitabのグラフの適合分布線にポインタをのせると、ツールチップに百分位数と値の表が表示されます。脂肪率データでは、ツールチップは、15%の脂肪はおよそ第30百分位数にあることを示します。したがって、約30%のソースには少なくとも15%以下の脂肪が含まれ、70%のソースには15%を超える脂肪が含まれています。

異なる分布とパラメータの指定方法については、適合分布線を参照します。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください