確率分布プロットの主要な結果を解釈する

確率分布プロットを解釈するには、次の手順を実行します。

ステップ1:分布の形状を表示する

確率分布プロットを使用して、指定した分布の形状を表示します。

分布ごとに一意な曲線があります。分布のパラメータを変更すると、分布の曲線がどのように変化するかわかります。

たとえば、平均と標準偏差値が変化するときはこの確率分布プロットを使用して、異なる正規分布を比較します。

ステップ2:分布を比較する

確率分布プロットを使用して、異なる分布を比較します。たとえば、技師は、1つの分布が特定の条件で他の分布と同じになるかどうかを知りたいと考えます。

この確率分布プロットは、正規分布とt分布を比較しています。

ステップ3:共有エリアの確率を判断する

確率分布プロットを使用して、分布を持つ特定のデータ値の確率を決定します。X値と確率を指定して表示する領域に陰影が付きます。

たとえば、次の確率分布プロットでは、陰影領域はx値11.5~12.5の範囲にあります。陰影領域の確率は0.9545です。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください