確率分布プロットを選択する

グラフ > 確率分布プロットを選択し、プロットを表示する方法に基づいて、確率分布プロットを選択します。

単一表示

指定するパラメータを持つ1つの分布が表示されるプロットを作成します。たとえば、このプロットには、自由度4を持つカイ二乗分布が表示されます。

詳細は単一の確率分布プロットを作成するを参照してください。

パラメータ変化

異なるパラメータ値を持つ指定された分布を表示するプロットを作成する。変動するパラメータがどのように分布に影響するかを表示するのに使用します。たとえば、平均と標準偏差値と共に、4つの正規分布が表示されます。

詳細は変動するパラメータを持つ確率分布プロットを作成するを参照してください。

二分布

指定するパラメータを持つ二分布が表示されるプロットを作成します。2つの異なる分布関数に基づく曲線を比較するために使用します。たとえば、このプロットには、自由度1を持つt分布と標準正規分布(平均 = 0かつ標準偏差 = 1)が表示されます。

詳細は二分布を持つ確率分布プロットを作成するを参照してください。

確率表示

陰影領域のx値と確率を表示するプロットを作成します。たとえば、このプロットには、指定された確率のx値が表示されます。

詳細は陰影領域を持つ確率分布プロットを作成するを参照してください。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください