陰影領域を使用した確率分布プロットの例

ソーダボトル工場の技師は、ソーダ缶の充填重量のデータを収集します。技師は、充填重量が平均12オンス、標準偏差0.25オンスで正規分布に従うかどうかを判断します。技師は、データの分布を分析して、ランダムに選択されたソーダ缶の充填重量が11.5~12.5オンスとなる確率を判断します。

  1. グラフ > 確率分布プロットを選択します。
  2. 確率表示を選択し、OKをクリックします。
  3. 分布から、正規を選択します。
  4. 平均に、「12」と入力します。
  5. 標準偏差に、「0.25」と入力します。
  6. 陰影部分タブをクリックします。
  7. 陰影部分の定義基準x値を選択します。
  8. 中央アイコンをクリックします。 このオプションは、2つのx値間にある確率を示します。
  9. x値1に、「11.5」と入力します。X値2に、「12.5」と入力します。
  10. OKをクリックします。

結果を解釈する

充填重量の母集団が正規分布に従い、平均が12、標準偏差が0.25の場合、ランダムに選択されたソーダ缶の充填重量が11.5~12.5オンスとなる確率は0.9545です。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください