円グラフの主要な結果を解釈する

円グラフを使用すると、各データカテゴリの比率を比較することができます。円グラフは、セグメント(「分割」)に分けられて各カテゴリにある観測値の比率を表す円(「パイ」)です。

円グラフを解釈するには、グループを比較します。
  • 1つの円グラフを解釈するときは分割のサイズの差を調べます。分割のサイズは、そのグループにある観測値の比率を示します。
  • 複数の円グラフを比較するときは、すべての円グラフにある同一のカテゴリの分割のサイズの差を調べます。

この円グラフには、企業内の業務分類の比率が表示されます。製造は最大の比率です。販売業務とマーケティング業務の比率はほぼ同じです。用務は最も小さい比率です。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください