ヒストグラムを使用した周辺分布図を作成する

グラフ > 周辺分布図 > ヒストグラム

グラフのデータを指定するには、次の手順を実行します。

  1. Y変数に、解析または予測する列を入力します。
  2. X変数に、Y変数の変化を解析しうる、対応する列を入力します。

ワークシートにおいて、フラッシュ回復はY変数で、直後電圧はX変数です。プロットには、直後電圧フラッシュ回復の関係が示されます。

C1 C2
直後電圧 フラッシュ回復
1.342 4.49
1.449 4.89
1.103 4.69
...  
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください