周辺分布図の概要

2つの変数の間の関係を評価し、分布を調べるために周辺分布図を使用します。周辺分布図は、X軸およびY軸の周辺部にヒストグラム、箱ひげ図、またはドットプロットがある散布図です。

たとえば、カメラ用電池製造会社の品質管理技師は、周辺分布図を作成して、フラッシュ回復時間(フラッシュ間の最小時間)とカメラ用電池に残っている電圧との関係を調べています。

このグラフの場所

周辺分布図を作成するには、グラフ > 周辺分布図を選択します。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください