ラインプロットの概要

ラインプロットを使用して、関数または系列の応答パターンを比較します。記号付きまたは記号なしのラインプロットを作成できますが、グループ数と比較する系列の長さによって変わります。

関数のラインプロット(記号付き)
この種類のラインプロットは、二元計画の概要値を比較するために使用できる交互作用プロットです。記号付きラインプロットは、少数のグループと短い応答パターンしかない場合に最適になります。
系列のラインプロット(記号なし)
系列のラインプロット(記号なし)を使用して、複数のグループ、たとえば分光の結果で長い応答パターンを比較します。この種類のラインプロットは、偏最小二乗回帰で計算されたXプロットと類似します。

このグラフの場所

ラインプロットを作成するには、グラフ > 折れ線グラフを選択します。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください